わかの観戦日記スタジアムガイド新潟県のスタジアム > 当間高原リゾートベルナティオ クロアチアピッチ

当間高原リゾートベルナティオ クロアチアピッチ

Tweet
住所: 〒949-8556 新潟県十日町市珠川
連絡先 025-758-4888(ベルナティオリゾート)
アクセス ◆徒歩で行く場合
飯山線越後水沢駅から4.8キロ(急な上り坂あり。約1時間20分)

◆公式なルート
関越自動車道練馬I.C から 塩沢石打I.C まで 約2時間15分(176Km)
      塩沢石打I.C から R353 で 約30分
      新潟方面より越後川口I.C から 約50分
送迎バス:越後湯沢、十日町より送迎バスあり。
     送迎バスは他に新宿、さいたま新都心、川越からもあり。こちらは要予約

◆ベルナティオリゾート公式サイトによるアクセス紹介ページ
http://www.belnatio.com/access/index.html
URL ベルナティオリゾート公式ページ


 日韓ワールドカップで出場国が絶賛し、クロアチアがキャンプ場としてきめたサッカーコート。完璧な状態の天然芝が2面分確保している。東京からそれほど遠くなく、また夏も涼しいリゾートホテルの施設のためワールドカップ以降もJリーグやユース代表のキャンプで頻繁に利用されている。

 観客席がないため、このグラウンドで試合が行われるのであれば観戦はしづらい。ピッチの脇が小高い駐車場となっていてそこに座って見下ろす形で観戦することになる。

 このホテルはリゾートホテルであるが、第三セクター経営のため見かけの立派さほど値段は高くない。サッカー抜きにして避暑がてら泊まってもいいかなと思わせる。サッカーグラウンドのほか、テニスコートやゴルフ場もある。

 クロアチアピッチに行くには原則として自家用車かホテルの送迎バスを利用することになる。最寄り駅は飯山線の越後水沢というローカル線の無人駅で、ここから山に向かって4キロばかり歩くので現実的でない。送迎バスは十日町、越後湯沢のほか、新宿やさいたま新都心からも直行バスが出ている。詳細はベルナティオ公式ページアクセス情報を参照のこと。施設バスのため利用するのであれば、一泊したい。

 食料の調達についてはコンビニなどはないので、あらかじめ用意しておくか、ホテルのレストランを利用したほうがよい。


*

わかの観戦日記スタジアムガイド新潟県のスタジアム > 当間高原リゾートベルナティオ クロアチアピッチ

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO