わかの観戦日記スタジアムガイド大阪府のスタジアム > 舞州運動公園球技場

舞州運動公園球技場

住所: 大阪府大阪市此花区北港緑地1
連絡先: 06-6460-9855
アクセス
青島さんから以下の情報を頂きました。

1、阪神野田駅、大阪地下鉄野田阪神駅、JR野田駅、地下鉄玉川駅、JR・阪神西九条駅から
大阪市バス舞洲スポーツアイランド行き81系統「舞洲東」または「舞洲中央」バス停徒歩数分
にそれぞれ下車すればこの81系統のバスに乗れます。

2、JR桜島駅から
舞洲アクティブバスに乗車し「アリーナ東」、「舞洲ベースボールスタジアム前」のどちらかのバス停に下車徒歩数分
このバスはUSJ近くの日航ホテルからも乗車できます。
JR桜島からの舞洲方面への市バスは廃止されましたが、バス路線はあります。
バスの本数はJR桜島からの方が多いです。
舞洲アクティブバスは循環バスです。

JRユニバーサルシティ駅から
徒歩2分の日航ホテル前バス停、またはJR桜島駅下車徒歩1分にそれぞれバス停がありますのでそれを利用されると便利です。
運賃は大人200円で現金前払いです。

(2008.01.23追記)
大阪市バスの詳しい時刻表はこちらから検索してください。
http://kensaku.kotsu.city.osaka.lg.jp/jikokuhyo.html

舞洲アクティブバスの詳しい時刻表はこちらから検索してください。
http://www.hokkohbus.co.jp/route_bus/active/

*舞洲アクティブバスは現金のみでプリペイドカード、ICカードなどは使用できません。
URL 公式サイト
http://maishima.jp/shisetsu/place/


 「舞州」と書いて「まいしま」と読む。天王寺からユニバーサルスタジオ方面行きの列車に乗り桜島駅下車。寒風がふきすさむ寂しい駅前でバスを待つこと20分。そして舞州スポーツアイランド行きのバスに乗って20分。ついたその先が舞州スポーツアイランドという人工島で、野球場やアリーナがあり、その脇にサッカーコートが2面ある。グラウンドは芝が1面、もう片方は土であるが簡単な観客席もあり、施設面はかなり良いといえる。大阪の中心部から行きやすいこともあり、関西社会人リーグ、関西大学リーグなどのアマチュアの公式戦では頻繁に使用される。

 完璧な人工島なので周囲はスポーツ施設以外何も無い。観客席があるとはいえ、集客を意識したものではなく、純粋に自らがスポーツをするための施設である。

 アクセスは西九条や野田半身駅からもバスが出ているが、桜島駅を利用するのが本数があってよい。それでも20分に一本ではあるが、それほど待つものでもないのでこちらが便利だろう。ただし人工島ゆえ海風が非常に強く、殺風景な雰囲気と相まってバスを待つ時間はかなりしんどい。施設自体は大規模な駐車場をもっており、関西在住で自家用車を保有しているのであれば車で来たほうが良いだろう。(下記参照)

 スポーツ施設以外なにもない、と書いたが施設そのものはキャンプ場やホテルもある。しかしコンビニの類は無いのであらかじめ大阪の中心部でそろえたほうがよいだろう。



*

わかの観戦日記スタジアムガイド大阪府のスタジアム > 舞州運動公園球技場

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO