わかの観戦日記スタジアムガイド大阪府のスタジアム > 大阪市長居球技場(キンチョウスタジアム)

大阪市長居球技場
(キンチョウスタジアム)

Tweet

写真:2010年8月撮影 文章:2010年8月作成

所在地 大阪府大阪市東住吉区長居公園1-1
連絡先 06‐6691‐2500
URL 公式サイト
http://www.nagai-park.jp/
アクセス ◆JR阪和線 鶴ヶ丘駅から徒歩5分弱(280メートル)(推奨)
◆地下鉄御堂筋線長居駅から徒歩7分程度(350メートル)
◆JR阪和線長居駅から徒歩7分程度(同)
苦情・お問合わせ このページについての苦情・問合せ:お手数ですがこちらのメールアドレスまでご連絡をお願いします。
(-a-を半角@に替えてください)
注:当ページは個人が運営・管理しています。施設とはなにも関係ありませんのでご注意ください。

 本来はアメフト、ホッケーを目的とした人工芝の球技場であったが、2010年8月、天然芝となり、メインスタンドの改修を受けてセレッソ大阪のホームスタジアムとなった。収容人数は20,500人。改修前と同じくサッカー以外にもアメフトやラグビーでも使用する。

 バックスタンドは三ツ沢と同じくらい。ゴール裏は三ツ沢のほうがずっと大きい。メインスタンドは巨大で、2万人収容のうち、大部分をこのメインスタンドが座席を占めている。セレッソの試合以外ではメインスタンドのみの開放となるのではないか。なお、ゴール裏はホームエンドがコンクリートの立ち見席、アウェイエンドは芝生席である。またピッチもホーム側に近寄って作られており、アウェイ側はかなり遠く感じる。ちなみにセレッソの主催試合ではメインスタンドから見て右側がホームエンドである。これは一般のJのスタジアムと逆なので注意。(同様のケースは西京極と神戸ウィングスタジアムがある。)

 長居陸上競技場とキンチョウスタジアムとはメインスタンドが背中合わせになっている。そのため日中の試合ではキンチョウスタジアムはメインスタンドからの観戦は逆光になる。この場合、サングラスを持って行った方が良いだろう。

 長居競技場と比べ球技専用となり、コンパクトになった分だけ試合の臨場感が出ている。1万5千人程度の観衆なら結構満員感が出るのではないか。アウェイゴール裏を除けば概ね見やすい。バックスタンドの裏手に阪和線の高架が通っていて、メインスタンドからは走りゆく電車が見える。

 アクセスは阪和線鶴ヶ丘駅からすぐ。公園の名称にある長居駅からも徒歩圏だが、長居陸上競技場よりもさらに鶴ヶ丘駅よりに作られているので、実際は鶴ヶ丘駅を利用した方がよい。関西空港方面から電車で来る場合でも長居駅より鶴ヶ丘駅のほうをお勧めする。地下鉄で来る場合は長居駅を利用するしかないが。

 食事については上記情報リンクを参照してください。鶴ヶ丘駅に近いので調達には困らないはず。意外に知られていないが、長居陸上競技場の施設内にも食堂がある。(バックスタンドよりにある) 

kawaさんから以下の情報をいただきました(2010.9掲載)

私は清水サポなのですがセレッソ-FC東京を観てきました。ホームゴール裏で、ラジオの無料貸し出しをしていて、試合中に聞くことができました。

FM長居といって元セレッソの森島さんが解説をしてました。セレッソサポ、または私のような中立サポでしたら借りて聞いてみるのもいいかもしれません


*

わかの観戦日記スタジアムガイド大阪府のスタジアム > 大阪市長居球技場(キンチョウスタジアム)

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO