わかの観戦日記トップページスタジアムガイド兵庫県のスタジアム > 兵庫県立淡路佐野運動公園

兵庫県立淡路佐野運動公園

Tweet

写真:2005年撮影 文章:2016年2月更新

淡路佐野運動公園外観

所在地 〒656-2213兵庫県津名郡津名町佐野新島9-6
連絡先 0799-60-4111(淡路佐野運動公園管理事務所)
URL 公式サイト
http://www.hyogo-park.or.jp/awajisano/
アクセス バス
◆高速舞子(JR舞子駅に隣接)から淡路交通
舞子津名線ワールドパークおのころ行乗車42分、ボールパーク入口下車徒歩6分(600m)
土休日バスの発車本数は1日1本

◆JR/山陽電鉄明石駅から明石港に移動(600m。徒歩7分)明石港から
淡路ジェノバライン明石岩屋線乗船13分、岩屋港下船。

岩屋港から岩屋ポートターミナルに移動、
淡路交通バス縦貫線乗車37分、ボールパーク入口下車、徒歩6分(600m)

(淡路ジェノバラインの出港本数は1時間1~3本)
(淡路バス縦貫線の発車歩数は1時間に1本)

ボールパーク入口バス停位置:https://goo.gl/maps/cSexhB6ut9J2
ボールパーク入口バス停からの徒歩ルート:https://goo.gl/maps/8TJGwGtxSHF2

淡路ジェノバライン公式サイト:http://www.jenova-line.co.jp/index.php
淡路バス公式サイト:https://www.awaji-kotsu.co.jp/express/pdftools/
苦情・お問合わせ このページについての苦情・問合せ:お手数ですがこちらのメールアドレスまでご連絡をお願いします。
(-a-を半角@に替えてください)
注:当ページは個人が運営・管理しています。施設とはなにも関係ありませんのでご注意ください。

 02年日韓ワールドカップでイングランドが練習所として使用したグラウンド。淡路島の東側、洲本市の埋立地にあり、非常に殺風景なところである。施設としてはサッカーコートが3面あるほか、野球場もある。西側のアスパ五色からは車で30分程度の距離。06年度のじぎく国体ではアスパ五色と共にサッカー競技使用会場となっている。

 埋立地と言っても夢の島のように都市設計を前提としたものではなく、運動公園そのものを海上に突き出した人工島と言ってもいいかもしれない。海上にあるので回りになにもない。サッカーしかすることがない、というのはチームから見れば絶好の立地条件だと思うが、選手や観客からすればたまったものではないだろう。グラウンドには観客席というものはチーム用に一部しかないため、ここで公式戦が開催されれば観衆はネット越しに試合を見ることになる。

 海岸沿いのグラウンドの特徴として海風が強いというのがあるが、ここも相当強い。ここで公式戦を開催すれば追い風側にエンドをとったチームが圧倒的に攻めるだろう。そういう意味ではゲーム運びの難しいグラウンドと言えるかもしれない。

 アスパ五色ほどではないが、この佐野運動公園もアクセスがいいとは言えない。高速舞子バスターミナルから直接運動公園まで行く便は1日1本だけ。それ以外は明石港から高速船で岩屋に渡り、島内バス縦貫線に乗って行くことになる。縦貫線は一時間に一本程度でており、このバスに乗りでボールパーク入口下車徒歩7分ほど。

 埋立地なので回りは何も無い。買出しできるようなところもないので、食料などはあらかじめ来る前に調達すること。


さざなみさんからの情報です

国体級のイベントは、どうなるか分かりませんが、とりあえずグラウンド横の備品倉庫にイスが準備されていて、ネット内への持ち出し,着席観戦できました。中と言っても、ピッチサイドは広いグリーンゾーンが用意されており芝を痛めることもありません。(ちょうど土俵のように段差になっている)

それと第2グラウンドには屋根付きの観戦エリアもありますので、試合会場によっては 多少なり雨除け日除けになるかと。(※紹介記事:2枚目の写真) まぁ、コンクリにベタ座りになりますけど。どうしてスタンドの無いほうが第1グラウンドかは完成した順番ゆえ。


*

わかの観戦日記トップページスタジアムガイド兵庫県のスタジアム > 兵庫県立淡路佐野運動公園

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO