わかの観戦日記トップページスタジアムガイド兵庫県のスタジアム > カネカ高砂グラウンド

カネカ高砂グラウンド

Tweet

写真:2006年撮影 文章:2017年1月更新

所在地 兵庫県高砂市高砂町宮前町1-8(本社住所)
連絡先 N/A
URL N/A
アクセス 駅から徒歩
◆山陽電車高砂駅下車徒歩15分(1.0km)
徒歩ルート:https://goo.gl/maps/7fQn2Cn5Goo
バス
◆JR山陽本線加古川駅南口4番乗り場から神姫バス
 
 ・【43】系統、高砂行き乗車15分、宮前町下車徒歩数分
  (休日の発車本数は日中のみ1時間に1本。但し発車しない時間帯有り)

   宮前町バス停位置:https://goo.gl/maps/iRPpnWciTtS2
   宮前町バス停からの徒歩ルート:https://goo.gl/maps/E6c6RbiX2c22

   神姫バス公式サイト(時刻表検索):http://www.shinkibus.co.jp/rsn/index.html
タクシー
◆JR加古川駅から10分程度(5.3km)
  走行ルート:https://goo.gl/maps/sJC1imQDcg12
苦情・お問合わせ このページについての苦情・問合せ:お手数ですがこちらのメールアドレスまでご連絡をお願いします。
(-a-を半角@に替えてください)
注:当ページは個人が運営・管理しています。施設とはなにも関係ありませんのでご注意ください。

 関西社会人サッカーリーグで頻繁に使用されている。元々は鐘淵化学工業ラグビー部の練習グラウンドで、同社ラグビー部は2002年に解散している。グラウンドに立っているラグビーポールが当時の面影を残している現在はバンディオンセ加古川が練習場として使用することがある。

 会社名が「カネカ」に変わってからもグラウンドは多目的広場として残してあって、サッカーやラグビーに使用されている。カネカの会社は東京・大阪にあるが、工場は高砂市にある。その工場に隣接する形でグラウンドがある。

 グラウンドには観客席はないが、芝が広く取ってあるので敷地内の観戦は容易だろう。目の前の煙突が工場地帯の中のグラウンドという雰囲気を醸し出している。社有地と言っても工場の敷地内にはないので、ここで試合を見学する分には守衛の許可は必要ない。なお芝のグラウンドの隣には土のグラウンドがある。

 アクセスは山陽本線高砂駅から徒歩圏。特に不便はない。食事なども途中で取ればよいだろう。なお、グラウンドからそう遠くないところにデイリーヤマザキがある。またグラウンド前十字路を高砂駅方向に少し歩き、加治屋町周辺まで行ったところに食堂が数軒ある。


*

わかの観戦日記トップページスタジアムガイド兵庫県のスタジアム > カネカ高砂グラウンド

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO