わかの観戦日記スタジアムガイド沖縄県のスタジアム > 本部町陸上競技場

本部町陸上競技場

Tweet

写真:2005年撮影 文章:2016年6月更新

所在地 〒904-2173沖縄県国頭郡本部町浦崎467-1
連絡先 0980-48-4300
URL 施設紹介ページ
http://www.sports-commission.okinawa/archives/search/0347
アクセス バス
◆ 名護バスターミナルから琉球バスで以下の路線乗車各50分弱、浦崎下車徒歩10分

 ・[65]系統、本部半島線(バスの発車本数は1時間に1~2本)
 ・[66]系統、本部半島線(バスの発車本数は1時間に1~2本)
 ・[70]備瀬線(本線)・新里入口行(バスの発車本数は1日4本)

  (那覇バスターミナル~名護バスターミナル間は[111]系統が1時間に2本。所要1時間40分。
   他に一般路線有り。)

  浦崎バス停位置:https://goo.gl/maps/2GPUJ5wwXBB2
  浦崎バス停からの徒歩ルート:https://goo.gl/maps/BsJK8CJ7HP92
 
  バスなび沖縄(時刻表検索):http://www.busnavi-okinawa.com/map/
苦情・お問合わせ このページについての苦情・問合せ:お手数ですがこちらのメールアドレスまでご連絡をお願いします。
(-a-を半角@に替えてください)
注:当ページは個人が運営・管理しています。施設とはなにも関係ありませんのでご注意ください。

 本部町は「もとぶちょう」と読む。

 本部町は那覇市を北に向けて80キロほど走ったところにある。本部半島の大多数を占める自治体で、町から丘を上がって海を見下ろす高台に上ると本部陸上競技場が見えてくる。サッカーをやるよりは陸上競技を含めた多目的広場として使われているのが実情で、陸上トラックもピッチも状態がかなりきつい。沖縄の競技場全体にいえるのだが手入れがなされていないため、新しい施設であるにもかかわらず老朽化しているような印象がある。雨が多く湿度が高いため痛みやすいというハンデがあるのかもしれない。

 本部町自体は海を中心としたリゾートタウンで、ビーチは青く、伊江島や瀬底島と行った小さな島の入り口でもある。陸上競技場の観客席からはこれらの島が良く見えるので、海を見ながらサッカー観戦というのもいいかも知れぬ。

 アクセスであるが、那覇から直接行くのであれば、高速バスで名護バスターミナルに行き、そこから琉球バス本部半島循環バスに乗る。「浦崎」で下車して坂道を登ると競技場。体育館を併設している。少し大技になるが、名護バスターミナルからタクシー直行で3000円~4000円の間。3人程度で行く場合は見当しても良いのでは。沖縄県はタクシー料金が非常に安いのでタクシーを利用することもおすすめする。何日か滞在するのであればレンタカーを利用してもよいだろう。1300ccクラスで2日間5千円程度である。これは本州の半額くらいでかなり安い。

 競技場の周囲は食料を調達できるような店は無い。町の中心であらかじめ済ましておいたほうがよい。観客席は屋根が無いので帽子や日傘が必須である。


*

わかの観戦日記スタジアムガイド沖縄県のスタジアム > 本部町陸上競技場

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO