わかの観戦日記スタジアムガイドインドネシアのスタジアム > ブラビジャヤ・スタディオン

ブラビジャヤ・スタディオン
(Brawijaya Stadion )

Tweet
住所 インドネシア ケディリ市
連絡先
アクセス 市中心部ならばベチャ(人力三輪車)で1万IDP(約130円)。各都市からのバスは競技場前に停車する。
URL


 ACLでしばしば出場するペルシク・ケディリのホームスタジアム。2005年当時、マリノスはこの競技場で試合をしたが、07年度では開催基準を満していないという理由で約400キロ離れたソロ市に持って行かれた。ちなみに開催不可の理由は競技場開催基準を満たしていないため。馬鹿馬鹿しいというか何というか・・。

 競技場自身は街の中心部にあるためアクセスは問題ではないが、ケディリ市に来るまでが非常に大変で、スラバヤから高速バスで2時間半くらいかかる。逆に言うとその程度なのだが、近くに空港がないのが大きなマイナスポイントらしい。

 競技場はまあ・・・インドネシアらしいというか、細かいことは気にしてはいけないというか、なんとも言えない。メインスタンド中央部は椅子付き屋根付きでまあいい。しかし実際にはここのチケットは発売されていないと思われる。関係者やスポンサーが座るはず。競技場の周囲は立ち見席で気合い入れて見るしかない。清潔度だけで見ればスラバヤやマランとたいして変わらないが、ピッチやその周辺の手入れの仕方が雑なのでみすぼらしく見える。

 大きさはマランよりもずっと小さい。日本の競技場で言うと、県営スタジアムと市営スタジアムくらいの違いがある。

 ペルシク・ケディリはアレマ・マランの不倶戴天の敵で、お互いに反発しあっている。スラバヤ、マラン、ケディリの3都市はそれぞれがジャワ東部の微妙な位置関係にあるのでこの3者間の対戦を観戦するならばそれなりの覚悟が必要だろう。目立つ服や高価な手持ち品は持ち込むのをやめた方がよい。

 アクセスはケディリ市の中心部にあるのでどこからでもベチャ(人力3輪車)ですぐ。1万IDP(約130円)~2万IDPでこれるはず。ただし料金はすべて事前交渉。沢山ベチャが止まっていればぼられることはない。

 食料の調達についてはスタジアム内にレストランを併設している。インドネシア標準だが、屋台よりは清潔。私はこの競技場内でで食事をした。なお、この競技場から1,5キロ程度離れたところにマクドナルドがある。

(2007.12作成)


わかの観戦日記スタジアムガイドインドネシアのスタジアム > ブラビジャヤ・スタディオン

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO