わかの観戦日記スタジアムガイドシンガポールのスタジアム > マリーナ・ベイ・フローティングスタジアム

マリーナ・ベイ・フローティングスタジアム
(Marina Bay Floating Stadium)

Tweet
住所 シンガポール
連絡先
アクセス MRT南北線、東西線シティ・ホール駅から徒歩10分相当
URL


 シンガポールが作った世界初の海上スタジアム。現地では「濱海湾浮動舞台」と書かれている(実際は中国簡体字)。つまり浮きスタジアムで、よく港においてある浮き桟橋と同じである。サッカーやっても揺れないのだろうかと心配になるが、そこは最新鋭のテクノロジーを駆使しているので大丈夫らしい。ちなみに設計・施行は日本の佐藤工業。

 グラウンドは人工芝で、3万人の観客席を備える。元々はF1グランプリの主観客席で、観客席とグラウンドの間の通路をF1マシンが駆け抜ける。

 マリーナ・ベイという、日本で言うとお台場に相当するお洒落スポットで、あまり東南アジアさを感じさせない。付近は高級ホテルでサッカーをやるような所でもない。

 実際は各種イベント会場としての使用が多く、新年年越しパーティやダンス会場として使われている。観客席とピッチの間にはかなり距離があり、実際にサッカーをやるとしたら、選手としては使用しにくいし、観客としても観戦しづらいだろう。

 アクセスは地下鉄東西線、又は南北線のシティ・ホール駅から徒歩10分ほど。充分に歩いていけるが日差しが強いので紫外線対策を忘れないように。熱中症になりやすい。食事については駅周辺で容易に調達できる。スタジアムの極周囲は殺風景なので、駅で用意した方がよい。

 スタジアムの裏手に「シンガポール・フライヤー」という観覧車があり、楽しめる。観覧車のある施設はショッピングモールになっていて、レストランなども同居している。

(2009.10.24作成)


*

わかの観戦日記スタジアムガイドシンガポールのスタジアム > マリーナ・ベイ・フローティングスタジアム

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO