わかの観戦日記スタジアムガイドカンボジアのスタジアム > RSNスタジアム

RSNスタジアム
(RSN Stadium)

Tweet

写真:2015年11月撮影 文章:2016年2月更新

住所
アクセス オリンピックスタジアムから北に6.5キロ
URL プノンペンクラウンFCによるスタジアムへの行き方紹介ページ
http://ppcfc.com/contact-us/

 カンボジアリーグの強豪、プノンペンFCのスタジアム。5000人収容のサッカー専用スタジアムである。グラウンドは日立柏サッカー場の雰囲気そっくりで、柏サッカー場に行ったことのある人ならば強烈な既視感を覚えるかと思う。自前のスタジアムであること、バックスタンドは仮設であること、スタジアムの裏手が練習場になっていることも日立柏と同じである。メインスタンドは屋根付きで、この点だけ見れば日立柏を凌駕している。カンボジアは雨が多く、晴れれば暑いので屋根のあるスタンドは有り難いのでは無いかと思う。

 アクセスは難しい。バスが通っていないのでタクシーかトゥクトゥク、バイクタクシーを利用することになるが、このスタジアムの場所を知っている運転手は少ないと思う。

 行き方の参考であるが、プノンペン北部に「Camko Roundabout」というロータリーがあって、そこから「Vital Drinking Water」という大きなミネラルウォーターの製造工場の方に向かう。Vital Drinking Waterまで到着したらスタジアムまでは700メートルである。

 プノンペン中心部からスタジアム直行までは無理としても、Camko Roundaboutと言うロータリーは職業運転手なら知っているはずである。Camko Roundaboutまで到着すればスタジアムまで、最低でもVital Drinking Waterまではいけるだろう。Vital Drinking Waterに到着すれば、周辺の人はスタジアムを知っているはず。そうやって目印になるポイントごとにタクシーを乗り降りすれば到着はできる。スマホ+GPSの組み合わせで行けばそれほど難易度は高くないと思う。私はバイクタクシーの後ろに乗り、スマホ片手に運転手へ道を指図しながら進んだ。

 食事については試合開催時は簡単な売店は出ると思うが付近には食堂はない。飲料を売っているスタンドなどは近くにある。

※注:現在、プノンペンでは路線バスの運行を急拡大している。2015年現在では3路線しかないが、近い将来はスタジアム近くまでバスが通る可能性がある。カンボジアに限らず、東南アジア諸国のインフラは拡大基調にあるので行くときは常に最新の情報を取得して欲しい。
(アクセス情報がありましたら管理人まで教えて下さい)


*

わかの観戦日記スタジアムガイドベトナムのスタジアム > RSNスタジアム

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO