わかの観戦日記スタジアムガイドドイツのスタジアム > ズィグナル・イドゥナ・パーク (Signal Iduna Park)

ズィグナル・イドゥナ・パーク 
(Signal Iduna Park)

Tweet

所在地 :ドルトムント(ドイツ)
収容人数:83,000人(ただし国際試合時は65,000人)
行き方:試合時はドルトムント中央駅からU45号線でstadion駅下車、目の前。
    普段はU45号線Westfalenhallen駅下車徒歩10分


ボルシア・ドルトムントのホームスタジアム。ヴェストファーレンシュタディオンといった方が通りがよいかもしれない。2005年、ネーミングライツによりドイツの保険会社がスタジアムの名前を買い取った。味気ない。

 収容人員8万3千人はドイツ最大。ヨーロッパでも屈指の大規模スタジアムである。四角四面のイングランド式のスタンドはピッチから見上げると巨大な壁がそびえ立っている印象を受ける。そしてスタジアムの最大の特徴はホームゴール裏であろう。全1層で2万5千人収容、リーグ戦時はすべて立ち見席でアウェーサポーターを恐怖に陥れる。

 満員のスタジアムは殺気を感じさせる。その意味ではドルトムント以外のサポーターでもドイツ最高のスタジアムと賞賛する人が少なくない。アリアンツアリーナも最高のスタジアムであるが、あちらは最高の劇場、こちらは最高の鉄火場と言えば違いがわかるかもしれない。それゆえドイツ代表はここ一番の試合はこのスタジアムで行われることが多い。1972年に完成後、15試合を行い、成績は13勝1分1敗。1敗はドイツワールドカップ準決勝のイタリア戦である。

 巨大なスタジアムとはいえ、スタンドの眺めは非常に見やすく迫力がある。傾斜のピッチが絶妙で、怖さはない。全席に手すりがついていて心理的安心感もある。

 スタジアムへの行き方は中央駅からトラムU45号線でシュタディオン駅下車、目の前。ただしこの駅は試合開催時のみ開設の臨時駅で普段はヴェストファーレンハレン駅で降りる。目の前がコンベンションセンター・体育館になっていてその脇を抜けるとスタジアムが現れる。帰りはトラムに乗ることを強く進める。非常に混んでいるが、頻繁に発車するのでわりとすぐに乗れる。ただし試合終了後、中央駅に着くまでに1時間は見ておいた方がよいだろう。

 食料の調達についてはスタジアムでソーセージとビールを調達しよう。日本で食べるより安くて旨くて量も多い。ドイツのサッカー観戦はそれで充分。どうしてもちゃんとしたものを食べたければ市庁舎付近に各国のレストランやカフェがたくさんある。カフェでもちゃんとしたものを食べさせてくれる。


*

わかの観戦日記スタジアムガイドドイツのスタジアム > ズィグナル・イドゥナ・パーク (Signal Iduna Park)

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO