わかの観戦日記スタジアムガイドドイツのスタジアム > シャウインスラント・ライゼン・アレーナ

シャウインスラント・ライゼン・アレーナ
(Schauinsland-Reisen-Arena)

所在地 :デュイスブルグ
アクセス:デュイスブルグ中央駅からバス934番で20分、wedau下車
収容人数: 31,500人
アドレス:Postfach 12 04 38, 47124 Duisburg
Tel: (0203) 42 92 4-0
Fax: (0203) 4292 4-44
公式サイト:http://www.msv-arena.de/


Tweet

 ドイツブンデスリーガ、MSVデュイスブルグのホームスタジアム。かってはウェダウシュタディオンと呼ばれた陸上競技場を解体し、2005年にサッカー・ラグビー専用競技場に生まれ変わった。2006年ドイツワールドカップではイタリア代表のトレーニンググラウンドとして使用されている。新築後はMSVアレーナと呼ばれていたが、2010年よりネーミングライツにより上記の名称で呼ばれている。

 スタジアムのあるウェダウ地区は一大スポーツコンプレックスで、サッカーはおろかレガッタコースまで用意している。そのウェダウ地区の代表的な施設がこのシャウインスラント・ライゼン・アレーナである。

 収容人数3万1千人、ピッチの四方四辺に平行して総2階建ての観客席、ゴール裏1階のみ立ち見席で他は個席。全席に屋根がかかるスタジアムは中規模スタジアムの完成系と言えるもので、文句のつけようがない。エントランスは最近の新型スタジアムの流行に乗っ取り、ガラスを多用していて清潔さを醸し出している。

 こういうスタジアムはどこに座っても気持ちがよい。ホームゴール裏1階が立ち見席であることを理解したうえ、座席表から予算に応じて好きな席を選べばよいと思う。一番安いのはゴール裏、コストパフォーマンスがよいのはバックスタンド両端。 試合は人気カードでなければ当日券が手に入るだろう。(通常の観衆は1万5千人前後)。不安な場合はデュイスブルグ公式サイトからオンライン予約を受け付けている。

アクセスは試合開始日はデュイスブルグ中央駅からシャトルバスが出ている。(チケットを持っていれば無料)試合開始日でなければ中央駅から934のバスに乗り、Wedauで下車。公園の中を突っ切って歩くとスタジアムに出る。食料の調達については試合当日はスタジアム内に売店が出る。ただ周囲は大規模な公園なのでスタジアム外にレストランはない。公園の端のウェダウシュポルトシューレにパブが併設されている。

(2006.11作成)

シャウインスラント・ライゼン・アレーナの前身、ウェダウ・シュタディオン

*

わかの観戦日記スタジアムガイドドイツのスタジアム > シャウインスラント・ライゼン・アレーナ

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO