わかの観戦日記スタジアムガイドドイツのスタジアム > ライン=ネッカー=アレーナ

ライン=ネッカー=アレーナ
(Rhein-Neckar-Arena )

このガイドの写真は提供していただきました。

Tweet

写真:2010年11月撮影 文章:2010年12月作成

住所 Rhein-Neckar-Arena Ausfahrt Rhein-Neckar-Stadion A6 Sinsheim-Mannheim Dietmar-Hopp-Strase 1, 74889 Sinsheim
連絡先 +49(7261)402221
アクセス ◆実際に観戦した方からのアクセス方法です。

ハイデルベルグからシンスハイムHbfまでSバーンで30分。シンスハイムHbfから歩く人も少なくありませんが、駅前に止まっているシャトルバスに乗れば約5分で到着します。
シャトルバスの料金はおそらく観戦チケットに含まれているのだろうと思います。後ろの入口からも乗れますし誰一人払っていなかったです。
(管理人注:チケットには市内交通機関の運賃が含まれています。これはブンデスリーガの全クラブ共通です)

なおスタジアムのすぐそばにはコンコルドの実機などが展示されている交通技術博物館があります。博物館の近くにはSinsheim Museum/Arenaという駅もあるのですが、どうやら使用していない様子です。大半の方は車で見に来るようです。スタジアムはアウトバーンのすぐ横にあり広大な駐車場を備えています。実際電車は本数も少なく不便です。
管理人注:「Sinsheim」は「ジンスハイム」と日本の各サイト(グーグルマップも含む)で呼んでいますが、現地では「シンスハイム」と濁らずに呼ぶようです。切符を買うときなどは「シンスハイム」と言った方が通じるかもしれません。
URL ラインネッカーアレーナ公式サイト
http://www.rheinneckararena.de/

 2009年にブンデスリーガに昇格したTSGホッフェンハイムのスタジアム。2009年シーズン中に新規完成した3万1千人収容のスタジアム。つまり最新基準に則ったスタジアムということになる。

 メイン・バックスタンドは緩い「ハの字形」。メイン・バックが直線形スタンドの欠点はスタンド端部に見切り席ができることで、これは臨場感とのバーターであきらめるしかなかった。最近のスタジアムは湾曲したスタンド(フクダ電子アリーナなど)で作られていることが多いのだが、これだと専用スタジアムなのに臨場感が欠けると言うデメリットがある。このスタジアムはそのいいとこ取りをして解決しているようだ。

 大きく覆った屋根、広く取られたビジネスラウンジ、高所得層を対象にしたメインスタンド、そしてチームカラーの青色に発色するスタジアム外壁。川崎市内にこのスタジアムがあれば・・・フロンターレがここををホームスタジアムとして使用できれば、どれだけサッカーを楽しめることができるのか、現在ではため息しか出ない。

 アクセスは上記参照。古都であり観光地でもあるハイデルベルクから近い。観光地に恵まれた場所なので、観光と併せて寄ってみるといいと思う。
 食事などはスタジアム内で手に入るはず。少なくともビールとソーセージは絶対に売っている。冬はグリューワイン(シナモンを入れたホットワイン)がいいだろう。

Kraichgauerさんから以下の情報をいただきました。

Sinsheim Museum/Arena駅は使用はされています。
しかし単線で本数も少なく、おまけに時計の時刻もずれているような駅なので使わないほうが賢明です。
ついでにスタジアム内ではパンとビールの売り子が座席を周っています。


わかの観戦日記スタジアムガイドドイツのスタジアム > ライン=ネッカー=アレーナ

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO