わかの観戦日記スタジアムガイドスペインのスタジアム > エスタディオ・ムニンシパル・ブタルケ

エスタディオ・ムニンシパル・ブタルケ
(Estadio Municipal de Butarque)

Tweet

所在地 :レガネス市(スペインマドリード自治州)
収容人数:8,000人
行き方:行きかた:マドリードアトーチャ駅から「レガネス方面」行きの近郊列車に乗って約20分、レガネスセントラル駅下車。
    出口はマドリード方面に向かって左側。タクシーで7、8分程度。歩くと30分くらい。


エスタディオ・ムニンシパル・ブタルケピッチ


 マドリードにあるサッカーチームというと誰しもがレアル・マドリードを思い浮かべる。ちょっとサッカーが好きな人にはアトレティコ・マドリーというチームがあることも知っている。サッカーオタクならラーヨ・バジェカーノというチームもあるよ、と言うかも知れない。しかしマドリードにはまだまだ沢山サッカーチームはある。

 LFP(スペインプロサッカー協会)の直轄である2部リーグにレガネスとヘタフェという二つの街がある。いずれもマドリードの衛星都市でマドリー中心部から電車で20分程度かかる。そのレガネス市に所属するチームがU・Dレガネス。そのホームスタジアムがエスタディオ・ムニンシパル・ブタルケ。ムニンシパルとは市営の意味。サッカー専用ではあるが、傾斜が緩く、観客席の段も少ないため格別見やすいスタジアムではない。

 レガネス市自体が新興都市であるため、スタジアムも新しい。UDレガネスは元々2部に常駐しているチームでそこそこ強かったのであるが、02-03シーズン、突如アルゼンチン人に買収され、アルゼンチン人選手を10人も雇い入れた。それで強くなれば問題なかったが、そこは世の常、元々いたサポは離れ、チームは崩壊し、03-04シーズン終了を持ってクラブは2部B(3部)に降格した。

 エスタディオ・ムニンシパル・ブタルケはレガネスセントラル駅から徒歩で30分位。街にはバル(喫茶兼飲み屋)もあるが午後はシェスタ(昼休み)に入るのでお休み。近郊電車の発着点となるアトーチャ駅(04年3月、爆破テロのあった駅)で一服してからでかけよう。 

エスタディオ・ムニンシパル・ブタルケゴール裏


*

わかの観戦日記スタジアムガイドスペインのスタジアム > エスタディオ・ムニンシパル・ブタルケ

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO