わかの観戦日記スタジアムガイドスコットランドのスタジアム > マレーフィールド

マレーフィールド (Murrayfield)

Tweet

所在地 :エジンバラ(スコットランド)
収容人数:67,500人
行き方:エジンバラ中央駅から23番線のバスに乗り約20分程度


マレーフィールドのピッチ


 スコットランドラグビーの聖地とも言えるスタジアム。グラスゴーがサッカーどころであるならばエジンバラはラグビーどころなのだろう。もっともエジンバラにもプロサッカーチームは2チームあり、決して見劣りしているわけではないが。

 収容人数6万7千人。スタジアムを外から見るとメインスタンド側が大きく張り出していて、滑らかな曲線で囲っている。その形は心なしかスコットランドの国花、アザミに見えるような気がするが、実際はどうだろう。

 スタンドは全2層のラグビー専用スタジアムだが、04-05シーズンからサッカースコットランドプレミアリーグのハーツ・ミドロシアンにスタジアムを貸与している。流石にラグビーだけで維持できるほどスコットランドラグビー協会も余裕がないのだろう。

 ラグビー専用のためか、ここでサッカーの試合を見ると少し違和感を感じる。ラグビーのインゴールの部分がかなり広く取られているため、ゴールネットとゴール裏観客席の距離がかなり遠い。三ッ沢球技場のゴール裏よりも遠い。1回席の傾斜も緩いためはっきり言って全く見えないといっていい。またメインスタンド前には意味不明の直線走路があり、これもスタンドとピッチの距離を遠ざける一因となっている。2階席から見るピッチは横浜国際の2階席最前列から見るピッチと大体同じような感じ。球技専用としては少しもの足りない。

 これは見た試合がラグビー専用球技場でサッカーを見るという想定外の環境であったからかも知れない。インゴール目指して走ってくる選手を間近に見るにはこの距離が一番いいんだと言われれば、そうかと納得する。そう思うとやはりラグビーの試合が見たい。

 マレーフィールドはエジンバラ中心部から少し離れたい位置にある。方角的にはグラスゴー方面に少し戻る感じ。グラスゴーからエジンバラに列車で行くとエジンバラ到着前に巨大なスタジアムと墓標のように林立ちするラグビーのゴールポスト、そしてあたり一面のラグビーグラウンドを目にすることだろう。線路沿いにあるスタジアムだが最寄り駅はなく、エジンバラからバス。詳細は駅のインフォメーションに問い合わせたほうがよい。地図をくれる。

 ラグビーの試合を見るためだけにエジンバラに来るのであれば宿は市の中心部ではなく、ウェストエンドにあるヘイマーケットのあたりにしたほうが良い。値段も市内より安く、清潔。ユースホステルもある。ここからマレーフィールドまでは約2キロ。普通に歩ける距離だしタクシーを使っても安い。

 マレーフィールドは寒々とした川沿いにあるのであまり食料の調達ができるような店がない。パブも少ないのでエジンバラ市内で調達すること。スタジアム内でもハンバーガーショップはあるが、あまり充実していない。

 マレーフィールドもトゥイッケナム同様、ミュージアムとオフィシャルショップがある。ラグビーが好きな人は訪れてみるのもよいだろう。 


Football Ground 92さんから以下の情報を頂きました。

スコットランドのマレーフィールドですが、確かにエジンバラ駅からはかなり距離があります。ですが、グラスゴーから来た場合、1つ手前のヘイマーケット駅で下車すればだいぶ近いと思います。線路を挟んで向かいにあるのがハーツFCのタインカッスルです。エジンバラ城に登れば、2つのスタジアムが至近距離であることが確認できます。

マレーフィールドのピッチ


*

わかの観戦日記スタジアムガイドスコットランドのスタジアム > マレーフィールド

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO