わかの観戦日記スタジアムガイドイタリアのスタジアム > スタディオ ジュゼッペ・メアッツァ

スタディオ ジュゼッペ・メアッツァ
(Stadio Giuseppe Meazza)

Tweet
住所 Via Piccolomini 5, 20151 Milan Italy
連絡先 02 4870 0457
アクセス LINE1のLOTTO駅下車、徒歩20分。セリエA開催時はLOTTO駅からシャトルバス有り(ただし行きのみ)
ドゥオーモ駅から16番トラム乗車、終点SAN SIRO下車
URL 公式サイト
http://www.sansiro.net/


 8万人を収容するサッカー専用スタジアム。UEFA5つ星スタジアムに選ばれている。1990年ワールドカップ開幕戦の地であると同時に2001年UEFAチャンピオンズリーグの決勝の舞台でもある。普段はACミランとインテルのホームゲームとして使用されている。

 世界を代表するスタジアムで、殆どのプレーヤーが一度はここでプレーをしたいと思い、多くのサッカーファンは一度はここで試合を見たいと思っている。ミラン対インテルのダービーマッチはこのスタジアムが満員になり、普通の人は通常の手順では、まずチケットはとれない。スタンドの傾斜もよく考えられていて、恐怖感を覚えるほど急傾斜ではないし、前の人の頭が邪魔になるほど見づらくもない。ただ、上層階は入口から登るのがかなり大変で、ビルで言うと1階から8階まで歩いて登るような感覚である。しかも通路は緩いスロープになっていて、永久ループで歩いているような錯覚に陥る。スタジアム側は非常時には全観客が10分で退場できるようになっているとのこと。

 ここで試合を観戦するときの注意。絶対に料金をケチらずに1階席で観戦すること。巨大スタジアムによくある話だが、最上階まで上るとピッチがかなり遠くなる。私は2階席で観戦したが、かなり見下ろすような感じで臨場感は感じられなかった。3階席ともなると選手は殆ど豆粒だろう。

 ちなみに1階席最前列はアクリル板が貼ってあるのでこちらもおすすめしない。一階席後列がよいだろう。(ただしこの席は結構高い)当日券を買うときは席種を選べる。

 アクセスは、初めて行くときは地下鉄1号線LOTTO駅からシャトルバスに乗ることを強くおすすめする。シャトルバスの料金は無料1ユーロ。ただしこれは行きのみで帰りは駅まで歩くことになる。所要時間は約20分。スタジアムからドォーモ広場まではトラムが走っていて、帰りはこちらに乗るのも一興。
 
 食事は絶対に事前に済ませておきたい。スタジアム周辺はキッチンカーが出ているが、高い上にそれほどおいしくはない。スタジアムの中は最悪と言っても良い。

 スタジアムグッズはスタジアム周辺で露天が結構出ている。こちらはすべて正規品。ミランの公式ショップもプレハブ立てであり、マグカップやキーホルダーなどの小物もある。スタジアムの中にはスタジアムショップがあり、ミランとインテルのグッズを両方扱っている。クレジットカードが使えるのはクラブオフィシャルショップとスタジアムショップだけ。


 ちなみにチケットであるが、対戦相手が人気チームでなければミラン・インテルともに普通に当日券が買える。 

(2010.4作成)

梶村さんから以下の情報をいただきました。(2010.5)

地下鉄Lotto駅からシャトルバスがでていますがこれは本来有料です。1ユーロの切符を買う必要があります。 またシャトルバスは地下鉄Lampgnano駅からも出ています。これは帰りの便もありますが、試合後は道路が渋滞するので歩いたほうが早いです。 

 2階席はそれほどピッチからもはなれていないのでわたしにとってはみやすいと思います。 ただ席の前後が近いためと飲み物などを売る売り子が試合中も通路のみならず座席の間を通るのでちょっと窮屈です。

 座席の快適さは日本のスタジアムのほうがいいと思います。特に、手すりに近い席はこの手すりが邪魔になることがあります。 またイタリアのでは切符は座席指定で氏名の記入が義務づけられています


わかの観戦日記スタジアムガイドイタリアのスタジアム > スタディオ ジュゼッペ・メアッツァ

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO