わかの観戦日記トップページに戻る
2003.07.17

最終日 LAギャラクシー 0-0 1860ミュンヘン

観戦記

初日 城南一和2−1ベシタクシュ
2日目 1860ミュンヘン 2−4 PSVアイントホーフェン
3日目 ベシタクシュ 2−1 リヨン
最終日 LAギャラクシー 0-0 1860ミュンヘン

 午前7時、チェックアウト。外は大雨である。この3日間、常に曇りではあったがなんとか持ちこたえてきたが、最後の日で雨。まあ、仕方が無い。ホテルの裏にあるタクシー事務所に行って蔚山駅まで乗せてもらう。韓国人の朝は早い。市庁に向かう道路は混み始めている。渋滞にはまりかけているので少しイライラしたが、列車の出発時刻にはギリギリ間に合った。蔚山発7時30分、特急セマウルソウル駅行きは既に入線していて発車をまっている。

 今日は大田(テジョン)で観戦する予定である。今乗っているセマウル号は午前11時に大田に着くが、私はそのまま乗り続け、ソウルまで戻る。ソウルに戻るのは韓国Kリーグのユニフォームを手に入れるためである。私はユニフォームやスカーフ(Jリーグで言うマフラー)を集めており、韓国Kリーグのチームのユニフォームがどうしても欲しかった。一昨日の釜山、昨日の蔚山でも探してはみたのだが見つけることができず、やむをえずスポーツウェアのメッカソウル東大門市場で買うことに決めた。

 列車は東海(日本海)を離れ、大白山地を抜けて大田に着く。ソウルまであと150キロ。コリアレールパスを持っているとはいえ、半日かけて1往復する自分が馬鹿馬鹿しい。しかも今日のホテルはソウルのYMCAホテルである。何をやっているのだか。昼時になったので食堂車で時間を潰し、午後1時30分ソウル駅着。地下鉄で鐘閣駅に移動し駅前のYMCAホテルにチェックイン。初日に泊まったホテルである。そして東大門市場に到着。ここで買い物に費やせる時間はわずか30分。急いで買わなければならぬ。

 東大門市場は衣類を専門に扱うところであるが、近年はサッカーユニホームを扱う所が多い。その多くはパチモノでどの店もプレミアや各国代表のユニばかりで肝心のKリーグはない。ニセモノ屋の一つに入り店のオヤジに「Kリーグのユニフォームはあるか?蔚山現代とか」と聞くと「Kリーグなんて興味はない。そんなの誰も見ない。Jリーグならテレビで見るぞ。ジュビロとか・・」と私に磐田のユニフォームを売りつける(もちろんパチモノ)。がっかりして店を探す。東大門には案内所があるのでそこで聞いてみようとしたところ、目の前にヒュンメル専門店があり、その中に蔚山現代のユニフォームがあった。

 私はヒュンメル製の横浜FCのレプリカを着ている。店の主人は私の格好を見て非常に驚き、日本にもヒュンメル製のユニフォームがあるのか・・としげしげと眺める。蔚山のユニが欲しいと手に取ったところ、愛想よく売ってくれた。3万5千ウォン(3千5百円)。日本のレプリカよりもだいぶ安い。ヒュンメル専門店だから本物であろう。ここでの目的は果たした。ホッとすると疲れが一気に襲ってきた。でもすぐに大田に戻らなければならぬ。

 ダッシュでソウル駅に戻り、ホームに下りる。ソウル発15時30分の釜山行きの改札ははじまっていて乗り込むと同時にベルがなり、発車した。今回の韓国旅行は急いでばっかりである。まあいいけれど。

 4日前に通った線路、ついさっき戻った線路をもう一度走って17時10分大田駅着。大田ワールドカップ競技場は市のハズレにあり、ここからはかなり離れている。タクシーで行けば確実なのだが、私はインフォメーションでバスによる行きかたを聞き、バス停に並んだ。

 バスはなかなか来なかった。20分くらいまっただろうか、やっと来たバスは満員。40分位で着くよ、というインフォの言葉を信じていたが、バスは数百メートル毎に停車を繰り返し中々前に進まない。もうボチボチつくだろうと窓の外を見ると「ワールドカップスタジアムまで8キロ」の看板を見つけ、ひっくりかえる。乗客はバス停ごとにドッと降り、同じ位乗る。温泉街を抜け、さらに走ること20分。やっとワールドカップスタジアムについた。時間は7時10分。キックオフには間に合わなかった。みんなダッシュでスタジアムに入る。 

 今日は観戦最終日なのでゴール裏のカテゴリー2を買う。大田ワールドカップスタジアムは両ゴール裏のみ屋根がなく、天気はいかにも雨が降りそうでかなりしんどい。今日のカードは1860ミュンヘン対ロサンゼルスギャラクシー。ここまで苦労して見るほどのカードかと自分自身でもバカバカしくなるが来ちゃったものは仕方が無い。大人しく座って見る。

 試合は・・・見るところがなかった。観客は約1万5千人といったところだろうか。座席の4割近くが埋まっている。大田スタジアムも総2階建てのサッカー専用競技場で、2階席はかなり高い位置にある。ためしに最上段の席からピッチを覗いてみたが、4階席くらいから真下を覗き込むような形でかなり怖い。鳥栖スタジアム上段と同じような感覚である。

 試合はすでに始まっていて前半20分を終わって0−0。両方ともアウェイユニフォームなのでどちらがどのチームかわからない。ユニフォームは両方ともナイキ。デザインもまた両チーム肩から腰にかかけて帯の入る同じもの。ドイツとアメリカの対戦とはいえ、サッカーを見ている限りでは国際色は国際色は感じない。

 白いユニフォームに洪明浦がいたので、こちらがギャラクシーと判明。一昨日の試合から一日しかたっていないので疲れが見える。正直言って流れが良くない。リアクションサッカーに終始している。

 試合はあまりたいしたことはないが、観客の熱気はすさまじいものであった。私の席の前後左右は女子高生の団体で、洪明浦がボールを持つたびに「キャーーーーーー!!!!」とつんざくように叫び声をあげる。両チームともゴールの匂いが全くなく、選手の誰かが倒れるたびにオーロラビジョンは洪明浦を写す。その度に女子高生が叫び声を挙げる。ここはGLAYのコンサートかと思う。行ったことはないけれど。

 試合はそのまま0−0でタイムアップ。私はロスタイム直後にスタジアムを後にした。このままダッシュで大田駅に戻り、2時間後の特急セマウル号でソウルに戻らなければならぬ。本当ならこのまま大田で一泊するのが筋だろう。大田は韓国随一の温泉街で、サウナもマッサージもある。泊まりたい所だが、明日の夜7時には等々力陸上競技場で川崎−横浜FC戦を観戦せねばならぬ。あと21時間で等々力に着くためには今日中にソウルに戻らなければならない。帰りのバス停はアタリをつけておいたので、後はダッシュで早めの列を確保するだけである。

 バスは早く着たが例によって満員で、帰りも同じ位ゆっくりゆっくり客を降ろしながら走っていく。今日は金曜日。韓国のサラリーマンも一杯やって帰るのだろう。赤ら顔のオッサンが次々に乗り、そして降りる。帰りの電車は2時間後に予約しているとはいえ、少し気になりながら乗り続ける。

 バスは行きよりも少しだけ早めに着いた。すでに夜10時30分。予定していた特急セマウル号よりも一本早く急行ムグンファ号が到着するので指定券をそちらに変えてもらう。バタバタしていたが、列車は定刻に到着した。

 急行列車は空いていた。乗客は皆サラリーマンで全員寝ている。私も新幹線の最終で出張帰りしたことは何度もあるのでオジサンたちの気持ちは良くわかる。私も席に着くとすぐに寝込んだ。

 寝込んですぐにソウル駅に到着。時間は0時ちょうど。ソウル駅は韓国の中心駅であるが、もう静まり返っている。地下鉄に乗換え、YMCAホテルに戻る。今日は最後の夜なので、もう一度マッコリを買って飲んだ。明日は午前7時半、ソウル発の仁川行き高速バスに乗り、日本に帰る。外は雨になったがもう天気の心配をすることはない。気持ちはすでに等々力に行っていた。
(おしまい)

←3日目に戻る
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO