わかの観戦日記トップページに戻る


第1節 城南一和 対 川崎フロンターレ


(韓国:炭川スポーツコンプレックス)

初日:城南市へ

ACL参戦記トップページ

第1節 城南一和 対 川崎フロンターレ
初日
城南市へ
悔しい開幕戦
2日目
さようなら韓国

第2節 川崎フロンターレ 対 北京国安

第3節 川崎フロンターレ 対 メルボルン・ビクトリー

第5節 川崎フロンターレ 対 城南一和

 今年もACLが開幕した。罰ゲームとかいろいろ言われている大会であるけれど、選ばれたチームしか参加できない、というのは何よりも代え難い貴重な経験だと思う。たとえグループリーグ全敗で終わったとしてもね。だから、この貴重な経験は自分もできるだけ参加したい。だから遠征にいく。今年はワールドカップが開催されるため、開幕が2週間早くなり、2月となった。2月の韓国・・・・寒そうだなあ。


 開幕戦はソウル近郊のチーム、城南一和。今年のACLに出場する韓国4チームの中で、一番当たりたくないなあと思っていたチームである。私はこのチームの試合を結構見ているが、何しろ隙がない。かつうまい。できれば水原や全北と試合をしたかった。城南とやるくらいならまだ2年連続浦項と試合をした方がましである。まあ決まったものは仕方がない。私は休暇の申請をして日本航空の特典航空券の予約をした。2月は閑散期なので1万2千マイルでソウルに行けるのがうれしい。ただ、仕事の都合上、1泊しかできず、翌日には帰らなければいけない。


 2月23日午前8時。羽田空港国際線ターミナルは人でごった返していた。韓国に行くのは4年連続だけれど、まだ飽きていない。試合に行くんだという緊張感やワクワク感は相変わらず強い。それがうれしい。当事者として参戦するからだろう。「勝ってくるぞと勇ましく、誓って国を出たからは♪・・・」期待に胸を驚かせ、出国手続きをした。9時20分、定刻に羽田発。

 11時30分、ソウル金浦空港着。ここから試合会場の城南市まではリムジンバスが出ているのでそれに乗る。4年連続ともなるとだいぶ勝手がわかってきて、バスも地下鉄もだいたいわかってきた。
城南市までのバスは30分に1本の割合で出ており、料金は6000ウォン(500円)。1時間近く乗って500円なので非常に安い。チケット販売所で切符を買うと程なくバスはやってきた。

 
 バスは漢江に沿って走る。天気は快晴で気持ちがよい。そして暖かい。出発前、ソウルは寒波がきて大変寒いという情報があったので、耐寒衣類をフル装備で用意してきたのだが、今のところその必要はない。荷物になるばかりで、よかったのか悪かったのかなんともいえない。先月のイタリア遠征と同じである。窓際に座っていると眠くなる。うつらうつらしていると、バスは城南市内に入った。


 城南バスターミナルは地下鉄盆唐線野塔駅のすぐ近くにあった。ここは今日の試合会場である
スポーツスタジアムに近い。このままスタジアムに直行してもよいが、時刻は1時前で、試合開始まであと6時間もある。私はバスの窓口で利川(いちょん)までの切符を買った。利川は温泉と陶芸の町でここから1時間ほどかかる。行って観光して戻ってくれば、いい時間にスタジアムに着くだろう。


 城南から利川まではバスで1時間。距離は40キロ程度だが、途中峠を越えるので結構時間がかかる。対抗一車線の道路をくねくね走り、山を越えると窯屋があらわれ、利川バスターミナルに到着した。


 当初はここでホテルを探し、予約して一風呂浴びてから城南に戻るつもりであったが、あの山道をもう一往復するのが面倒くさくなったので、城南市に戻ることにする。まだ時間があるのでに利川のスタジアムに行ってみることにする。この町には利川FCというチームがあり、Nリーグ(韓国2部)で戦っている。そのスタジアムをみたかった。私はバスターミナルの前でタクシーを拾い、「イチョン ウンドンジャン(利川運動場)」と告げた。タクシーは愛想よく走り出した。


 利川運動場は利川市のずっと郊外の方にある。距離にして7キロ~8キロはあるだろうか。徒歩では絶対に無理な距離で、タクシーを利用するしかない。タクシーは西の方に向かってひた走る。高速のジャンクションのようなところに出ると前方にスタジアムが見えてきた。結構新しい。料金は5500ウォン(約400円)。東京のタクシーであれば3000円はくだらないだろう。 スタジアムの周りには何もない。バスは心許ないし、タクシーも拾えるかわからないので、私は運転手に20分後にもう一度ここにきてほしいと依頼し、中に入った。


 利川運動場は作られてからまだ日がたっていないようで、スタンドも座席も新しかった。ここ数年、い韓国のスタジアムには結構回っているけれど、新しいスタジアムが多い。2002年ワールドカップのスタジアムでは専用スタジアムの質・数で韓国に圧倒されてしまった。今は陸上競技場でも負けている。なんかこう・・・釈然としない。日本では箱物行政は批判の的になるので、今後日本で新規にスタジアムを作るのは難しいかもしれない。




 滞在時間20分の約束なので、外に出る。運転手はどこにも行かず、私を待っていてくれた。バスターミナルに向けて走りした。元来た道を引き返し、バスターミナルについた。城南市行きのバスのチケットを買い、乗り込む。バスはすぐに走り出した。16時、城南市バスターミナル着。

 
 試合開始まで3時間もあるのでホテルを探す。牡丹(モラン)駅周辺にモーテルがあるのはわかっている。野塔駅から牡丹駅までは地下鉄で一駅で近い。牡丹駅に着き、地上に出ると目の前にモーテルがたくさんあった。そのうちの一つに入り、チェックインする料金は3万ウォン(約2700円)。安いが部屋は清潔で使いやすい。ベッドの上にリュックを放り投げ、一息つく。17時30分、野塔駅に戻る。これからスタジアムに入る。試合開始まであと1時間30分である。

(続く
SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO