わかの観戦日記トップページに戻る
2010年1月14日(木)

初日:ボンジョルノ!イタリア

観戦記

初日
ボンジョルノ!イタリア
ローマの夜
2日目
フィレンツェへ
フィレンツェ探訪
3日目
セリエBの世界
(前編)
セリエBの世界
(後編)
4日目
サンシーロへ
ロナウジーニョ!ロナウジーニョ!ロナウジーニョ!
5,6日目
チャオ!イタリア

 シンガポールでサッカーを見た後、少し引っかかるものがあった。私は観戦する試合にレベルなんてものは求めていないけれど、何かこう・・すっきりしないものがあった。妙なイライラ感というか、砂を噛んでご飯を食べているような、そんな空気があった。正直な話、試合が終わるとホッとするものがあった。


 その原因はわからなかった。例えば神奈川県リーグを見てもイライラすることはない。シンガポールリーグはそれよりレベルが高いはずなので、試合レベルではない。何故だろう?と引っかかりながら2009年シーズンが終わった。


 年が明けて2010年1月。私はヨーロッパに行こうと決めた。今年もACLに行く予定なので、そんなところに行く暇も金もないのだが、この引っかかりを解消しないとサッカーが嫌いになりそうな気がした。サッカー先進国で試合を見よう。そう決めた。行き先はイタリア。観戦カードはACミラン。ちょうどJALが欧州線ダブルマイルキャンペーンをやっていることもあり、イタリア往復のマイルで中国と韓国に行くこともできる。そういう実利もあった。予算は財布を搾ってなんとかひねくりだした。休暇はなんとか4日の休暇を含む6日間の旅行許可を得た。1月14日午後0時。私は成田空港発ローマ行きの日本航空機で出発した。飛行時間は12時間。パーソナルモニタはついているものの、さすがにB747機では古さを隠せず、座っているのが辛い。この飛行機は1991年製。製造後20年目に入る。


 飛行機は新潟上空からシベリアを通る。私は映画を2本見て音楽を2チャンネル分聞く。だんだんイライラしている頃。ジュネーブ上空を通過して、現地時間16時20分、無事ローマフミチーノ空港に着陸した。日本とは時差が-8時間あるので日本では深夜0時20分である。気温は8度。結構暖かい。


 入国審査を済ませた後、ローマ中心部のテルミナ行き直通列車、レオナルド・エクスプレス号に乗る。2006年ドイツワールドカップ以来、4年ぶりにヨーロッパに来た。初めての土地だけど懐かしい空気を感じる。ボンジョルノ、イタリア!

(続く)
 
SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO